Androidアプリ‎ > ‎

家康カメラ

2016/01/01 14:55 に Masanori YONO が投稿   [ 2016/01/15 21:28 に更新しました ]
静岡市の駿府城公園の周辺およそ1.5キロほどで撮影すると家康公が右下に映りこむカメラアプリです。

 


カメラで撮影した画像(ここでは説明のため「元画像」と表現します)とフレームを合成できるアプリです。縦持ちでお使いください。
撮影した画像は「内部ストレージ」の中に「net.masanoriyono.monaca.layercamera」というディレクトリを作って保存しています。

カメラで撮影すると、駿府城公園からおよそ1.5キロ圏内であれば、元画像と家康公のフレームを右下にのせて合成した画像の2枚を保存します。GPSで現在地が取得できないと家康公は出てきません。

フレームは撮影した後でも元画像に合成できます。「見る」を押して、リストから元画像を選択し、ページ右上のアイコンをタップしてフレームを選択してください。元画像にフレームがのった状態の画面になります。フレームは移動や拡大縮小ができます。フレームを長押しすると元画像にフレームを合成した画像を保存します。

写真のリスト表示の時にリスト行を長押しするとその写真の説明を変更したり、写真そのものを削除できます。

ファイルマネージャ等のアプリを使っても画像を確認できます。

このアプリを作るにあたって、静岡市のオープンデータを利用しています。
使用データ:写真データ(駿府城公園)
また、このアプリはシズオカアプリコンテストにも応募しています。

GooglePlayからダウンロードできます。
Comments